医師求人選びは成功のカギ,最大のチャンスを逃さない様にしよう,働き方を選ぶ,目的をしっかりと定める,求人選びで差をつける
これから医師として働きたい人のための情報サイト医師求人で成功をつかむ
人の命を救いたいそんなあなたの願いを医師求人でかなえませんか。

TOP 医師求人 不安を自信に変えて医師転職

不安を自信に変えて医師転職の項目

  1. 不安を自信に変えて医師転職
  2. 女性の需要が多い小児歯科への医師転職
  3. 医師転職支援サービスで北海道の仕事探し
  4. 医師転職での内科系の求人について
  5. 医師求人と海外について
  6. 医師転職の際にも探し出せる産業医の募集
  7. 医師転職先として急増する産業医
  8. 産業医への医師転職はネットを通じて行いましょう
  9. 医師転職で求められるもの
  10. 医師転職のタイミング
  11. 医師転職する理由について
  12. 女性の方々の医師転職
  13. 急募の医療機関へと医師転職
  14. 医師転職先を勤務地で選ぶ
  15. 早く行動したい医師転職

不安を自信に変えて医師転職

きっと、多くの人が医師求人に申し込む時に、この病院は本当に自分にとって求めている環境であるのかどうか、マッチしているのかどうか、などという事が気になり、時には大きな不安を感じる事もあるでしょう。できれば、不安を自信に変えて医師転職したいですね。

今では応募先の病院については医師求人に書かれている情報だけではなく、病院の公式サイトなどから扱っている診療科の特徴などが書かれていたり、写真なども掲載されている事もあります。

より多くの事を知って、応募する事で少しでも不安を取り除く事ができるのではないでしょうか。また、面接の際には、まだ解決できない不安な事などは質問して解決したいですね。

また、医師転職専門のキャリアコンサルタントを無料で利用できますので、そういった専任のアドバイザーに的確な職場を見つけてもらうこともできます。

時間を有効に使え、その人にあった病院を紹介してもらえるので利用者が増えているようです。

女性の需要が多い小児歯科への医師転職

小児歯科は毎日成長する小児が治療対象であり、お口の正常な発達を手助けすることによって小児の健全な成長を助けるのが主な仕事になります。そのため、虫歯などの処置においても大人への治療と同じように行なうのではなく、成長を阻害する因子を取り除くことを念頭において治療を行うことが重要です。

また小児の場合には甘いものを多く摂取したり、やわらかいものばかりを摂取するなどの乱れた食生活によって歯の健康がそこなわれているケースがあります。このような乱れた食生活の指導も歯科医師の大事な仕事です。子供と上手にコミュニケーションをとることが求められる仕事であることから、女性の医師転職に向いている分野です。

医師転職支援サービスで北海道の仕事探し

専門性が高い医師転職であっても、転職支援サイトを活用することで、たくさんの医師求人募集情報から仕事を探すことが可能です。医師転職を扱っている企業では、全国各地の病院などの医師求人募集情報をカバーしているので、北海道で働きたいと考えている人もたくさんの情報を閲覧することができます。

北海道でも大きな病院はたくさん扱われているので、これまでのスキルを活かして即戦力として働くことができる仕事やこれまで以上に高待遇で働くことができる仕事や年収が非常に高い仕事なども見つかるでしょう。転科などを考えている人も、未経験で募集されている仕事に応募することができます。

医師転職での内科系の求人について

勤めている職場から別の職場に変わりたいと考えている人もいるでしょう。医師転職は、内科系、外科、消化器系などさまざまな分野で募集しています。

転職のサイトで求人を行っているので、医師転職を考えている人は、サイトをチェックしてみると良いでしょう。内科系の医師求人は、常に募集しているので人気が集まっています。

勤務地や、給与、待遇など自分に合った環境で働くのを選べるので、自分のライフスタイルに合った職場で働けるように探すことが大切です。これまでの経験を活かして、医師転職の相談にものってもらえるので、医師求人を定期的に調べてみましょう。

医師求人と海外について

海外の大学に行って、医師を目指すという人はめずらしくありません。現地の大学を卒業して、その後日本に戻らずに、現地の病院で働くという希望を持っている人もたくさんいるのです。現地の病院で働く際には、ビザや資格を持っていることをきちんと確認しておくことが大事です。

というのも、ビザや資格がなければ、合法的に働くことが許されないことがほとんどであるためです。また、医師資格も各国で定められているため海外で医師資格を取ったとしても日本でそのまま使えるわけではありません。医師求人に関しては、オンラインを通じて探すことができます。医師求人に関しては、情報がたくさんあるため、最新の情報を手にいれるように注意する必要があります。

医師転職の際にも探し出せる産業医の募集

事業所などで従業員の健康管理を目的に配属され、専門家としてのアドバイスや指導を行う医師を産業医と呼んでいます。医師転職を目指す方の間でも注目されている働き方であり、自分の希望に合わせた勤務条件や勤務地などを探し出すには、インターネットも広く活用されます。

医療業界の医師求人募集掲載に特化されたウェブサイトも数多く存在しており、様々な仕事の中から絞り込んで検索や閲覧を行うことが可能です。人材派遣会社などによって運営されているサイトも多く、専任のアドバイザーによる転職相談や求職支援など、あらゆるシステム環境も整えられています。

医師転職先として急増する産業医

医師転職先として急増している分野に産業医をあげることができます。大きな理由としては医療機関と違った役割がありますので、新たなスキルアップが望めることです。また、勤務時間が一般企業の時間になりますので、ライフスタイルを重視したい医師にとって、より良い勤務先であることがあげられます。

産業医は人気の分野になりますので、あらかじめ医師転職を専門としておこなっているエージェンシーや、コンサルタントに登録しておくことをおすすめします。登録しておくことで、医師求人が出た場合において紹介してくれることでしょう。

産業医への医師転職はネットを通じて行いましょう

産業医は主に、企業などと契約をして従業員の健康管理をする仕事です。50名以上いる企業には、必ず在籍している医師で法律によって定められています。企業に在籍しているほとんどの医師が、医師転職をしてくる医師がほとんどです。

前は医局の第一線で働いていたけど、結婚や子供が生まれたなど、いろいろな原因で医師転職を考えるようになって、比較的出張や転勤が少ない産業医に転職をしていきます。

その多くがネットを通じて転職を行っていて、専門の医師求人サイトまで立ち上がっているほどです。転職を考えている医師の方は、ネットを通じ自分の働きたい環境の病院や企業を探すようにしてください。

社名日本メディカルコネクション株式会社
所在地〒102-0082 東京都千代田区一番町13-2
最寄駅東京メトロ半蔵門線
半蔵門駅徒歩すぐ。
TEL03-6272-6155
名古屋支社〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目11-25
アーク栄錦ニュービジネスビル6階
TEL052-957-5885
URLhttps://dr-ar-navi.jp/

医師転職で求められるもの

ある調査によれば、医師は平均で4回以上転職していることがわかっているようです。回数だけで見ればマイナスに働きかけそうな転職回数ですが、医師の場合は特殊で、決して転職回数だけでは、不利に働くことがまずないようです。

転職活動では、回数よりも質が求められる傾向にあるようです。転職医師が転職を考える理由には、キャリアアップやスキルアップ、収入を増やしたい、休日がほしいというようなQOMLと呼ばれるものが挙げられます。

最近では医師転職サイトが充実してきたこともあり、医師が一人で転職活動を行える環境も整ってきているようです。

医師転職のタイミング

医師転職を考えられている方、どのタイミングでするとスムーズにできるのかご紹介します。年度代わりにするのが自分だけで無く今の職場や転職先にとっても丁度節目で良いでしょう。

医師は、どの医療機関でも不足していることが多く多忙で、転職をしたいと考えていてもなかなか新たな職場を探す時間が取れない場合があります。転職したい理由が業務内容や業務時間、給与ライフスタイルに合わせて明確であると探しやすいです。

ご自分の希望を伝えて理解してもらえる職場が理想です。新たな職場が決まったら、今の職場の状況をふまえて退職時期を決めて双方に了承してもらい円満退職ができることを望みます。

医師転職する理由について

医師の職場は多様で、大きい総合病院から小さいクリニック等様々です。転職を考える理由として、まず医師不足による業務量増加や勤務時間超過があげられます。家族との時間も少なく、自分の趣味の時間を作るために転職を考えている人もいます。また、キャリアアップを図るために転職を検討するケースもあります。

専門医資格等を取得するためにキャリアのさらなる向上をはかって転職を考える人も少なくありません。医師転職を成功させるポイントとして、なぜ転職をしたいのか具体的に考え、しっかり検討する必要があります。焦って転職先を探してもなかなか良い結果はのぞめないでしょう。

平成30年(2018年)度医師国家試験予備試験

医師法(昭和23年法律第201号)第10条第1項の規定により、第113回医師国家試験が施行されます。

試験地第1部試験 東京都
第2部試験 東京都
試験期日第1部試験(筆記試験)2018年6月14日(木曜日)
第2部試験(筆記試験)2018年9月21日(金曜日)
(実地試験)2018年11月5日(月曜日)または2018年11月6日(火曜日)
受験手数料35,000円
書類の受付期間第1部試験平成30年5月2日(水曜日)から5月23日(水曜日)
第2部試験平成30年8月1日(水曜日)から8月22日(水曜日)まで
提出先〒100-8916
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号 厚生労働省医政局医事課試験免許室
お問い合わせ先 TEL番号 03(5253)1111 内線4143
FAX番号 03(3503)3559

※詳細については厚生労働省サイトをご覧ください。
資格・試験情報 平成30年度医師国家試験予備試験
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/ishi/yobi.html

女性の方々の医師転職

男女平等が叫ばれ、女性の社会進出が進む昨今ですが、出産や育児などを理由にこれまで積み上げてきたキャリアを手放してしまうという方も少なくありません。院内に保育施設を設けるなど、性別を理由に仕事を諦めることなく余裕を持って働ける環境を提供することで、ワークライフバランスを取れるように支援する会社が増えてきました。

長時間労働や残業などを廃絶し、短時間勤務や非常勤の医師アルバイトなど働き方を多様化することで、慢性的な人手不足の問題を解消する狙いがあります。女性医師が安心して働ける医師転職先が増えれば、人員が確保でき、ゆとりある医療が可能となるでしょう。

急募の医療機関へと医師転職

多くのドクターが医師転職のために活動を行っている事でしょう。

医師転職のためには、次に働く医療機関を探し出す必要があります。
医師転職の時には、急募の医療機関に応募する人もいます。その場合には、選考から仕事開始まで時間が十分にない事もあります。

仕事を退職してから医師転職の活動を行っている人であれば、問題ありませんが、仕事をしながら医師転職のための活動を行っていると、退職の手続きに時間がかかるため、急募案件へは応募ができない場合もあります。

また、転職活動を行っている時から、いつ仕事がスタートしても対応できる様に準備を進めておくと戸惑う事がないでしょう。用意する事が大事です。

医師転職先を勤務地で選ぶ

家族がいる場合などに、自由に引っ越しするという事ができない場合もあります。その様な人が医師転職をする際には、自宅から通える医療機関を選ぶ必要があります。そうなると、医師転職先として選べる医療機関は限られてくる事もあります。

医師転職先については、都道府県や、市町村から選ぶ事もできますし、電車の沿線や駅から選ぶ事もできます。また、医師転職をするなら、診療科など立地以外にも考慮すべき条件はたくさんあります。

車通勤が可能な医療機関もありますので、免許がある人であれば、より遠くの病院も医師転職先として視野に入れて考える事ができるでしょう。他にも駅近の病院なども便利でしょう。

早く行動したい医師転職

まだ漠然と医師転職を考えている状態なので、すぐに実行するつもりはないという人であったとしても、ただ仕事だけをして毎日過ごすのではなくて、医師転職のための活動を少しずつスタートする事をおすすめします。

医師転職のために、業界について調べたり、医師求人を閲覧するなどであれば、早期に開始することもできます。

医師転職のための活動を早く行う事で、医療機関はどんな人材を求めているのか把握でき、そのための勉強ができたりします。

医師転職をするなら、面接などで医療機関を訪れる必要がありますが、医師求人探しなどであれば、自宅にいる時にも行う事ができ、忙しい人でも休みの間を利用して行う事ができます。

医師転職や医師求人の記事